auのマナーモード| ホーム | auの防水ワンセグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

auの緊急通報位置通知

auの緊急通報位置通知


緊急通報位置通知とは、
警察(110番)、
海上保安庁(118番)、
消防(119番)へ電話をかけたときに、
発信者がどこにいるのか、
その位置情報を自動的に通知するシステムです。

GPS機能を搭載した「緊急通報位置通知」対応端末では、
GPS測位による位置情報が受付機関に提供されるようになっています。

それ以外の端末では、基地局の場所や電波到達範囲などから
算出される位置情報が、提供されるようになっています。

au携帯電話は、「ジュニアケータイ A5525SA」、
「Sweets cute」、「A5523T」、そのほか、一部機種を除き
今後発表される端末ではGPSによる「緊急通報位置通知」に対応し、
現在稼働する全てのau端末では基地局ベースの位置通知に対応します。


これらの緊急電話には、
たとえば事件・事故など速やかな対応が
求められる場合もあります。

通報者の発信位置の特定はきわめて重要な情報なのです。


従来の緊急電話では、
通報者から住所などの情報の提供を口頭で受けていました。

電話番号などから市町村程度までは
家庭や会社の固定電話であれば、
特定できることが多かったです。

しかし近年では、
携帯電話のように通報者自身が
住所のわからない場所から通報していたり、
あるいはIP電話のように電話番号から
場所が推定できないこともあります。

通話と同時に現在位置のデータを通話先に通知するようにしたのが
緊急通報位置通知システムです、
どこから緊急通報をしているのか、すぐわかります。


緊急通報の際に発信者の位置を通知することが
日本では、総務省が関係法令の整備をすすめ、
2007年4月より義務化されることとなりました。

これに対応して、ドコモ、au、ソフトバンクモバイルの携帯電話で、
緊急通報(110番、118番、119番)に発信した場合、
通話が接続された緊急通報機関に対して、
「緊急通報位置通知」が導入されることになりました。

携帯電話で話しながら
女性が夜道を歩いいる方を見かけますが
防犯上もいいと思います。



スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

auのマナーモード| ホーム | auの防水ワンセグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。