| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

au春の新シリーズNS01とNS02

ベルトの付いたケータイですが、
ターゲットユーザーは20代~30代の女性だそうです。



ケータイにベルト?

メールを打つときなどに添えるように
ベルトに指を通せば、便利みたいですねー


NS01は使いやすさも配慮されていて、
ケータイで漢字を調べるときに便利な
漢字チェック機能を搭載のほか、
待受画面からそのまますぐに文字入力ができる
「すぐ文字」機能などもついています。

これはいいですね、
最近、辞書代わりに携帯で調べることが多いので
すぐ入力できるって便利です。

しかし、はたしてケータイにベルトは
若い女性に受け入れられるか?

ターゲットは反対に年配の方の方がいいのでは?


スポンサーサイト

au、「ケースのようなケータイ NS02」を発売


au(KDDI)は、3G携帯電話「ケースのようなケータイ NS02」
を2月20日より順次発売すると発表した。

価格はオープン、シンプルコース一括払いの場合、
実勢価格は2万円台前半の見込み。



「長く使う」をコンセプトにした
「NEW STANDARD」シリーズの折りたたみ式携帯電話。

NS02 は、機能を絞り込みつつ、
飽きのこないシンプルさを表現した端末です。

また、携帯電話を使う上で重要な「キーデザイン」は、
大きなタイルキーに見やすいフォントを採用。
「機能キー」「数字キー」をグループ化したほか、
「clear/メモキー」を独立して配置するなど、
高い操作性を実現しています。


デザインされたスタンダードなものである
アタッシュケースからデザインを引用し、
中央にふくらみを持たせることで、
手にフィットする持ちやすいフォルムに仕上げられている。




性能面では、2.7型ワイドQVGA液晶ディスプレイを装備し、
197万画素のCMOSカメラや防犯ブザーを搭載。

6段階で切り替えられる「ワンタッチ文字サイズ切替」や、
使いたい機能がすぐに見つかる「かんたんモード」など、
使いやすさにこだわった機能を備える。

ボディカラーとして、
ブラック、アイボリー、グリーンの3色しかないそうです。


ターゲットは20代後半~30代の男女のようですね!


auの3D Woooケータイ



H001はフルワイドVGAの3D液晶を搭載した世界初のモデル。

端末に搭載された「3Dキー」を押すと、
ワンセグや撮影した写真、ゲームなどを3D表示して楽しめる。

左右の視差を利用して立体的に見せる表示のため、
見え方には個人差がある。

とくに左右の目で視力が大きく異なっている場合は、
立体的に見えづらい場合があるという。

基本的には、ディスプレイの正面で30~50cm離れた距離が、
最適な距離とのことだった。


しかしVGAの高精細液晶を使って解像度を高めたことで、
3D表示しても問題ない品質で映像を楽しめるようになったとのことだ。

H001では、伊東美咲さん主演のオリジナル3Dムービーが楽しめる。

伊東さんによれば、
撮影機材は3D映像撮影用のカメラが入った以外は
通常と変わりなかったため、違和感なく撮影できたという。

ただし、撮影した映像を現場で確認する際には専用の眼鏡が必要だったため、
撮影スタッフ全員が眼鏡をかけている姿がやや不思議だったとのこと。


世界初 3D対応って日本ってすごいですね、いまさらですが。

くまのプーさんDENPO

くまのプーさんDENPO


NTT東西地域会社は2009年2月13日に
慶祝用電報台紙「くまのプーさんDENPO」をリニューアル発売しました。
販売価格は2100円。
別に電報料が必要。

合格・卒業・入学や結婚、お誕生日等のお祝いにおける
電報メッセージの演出効果を高める電報台紙として、
慶祝用電報台紙「くまのプーさんDENPO」のデザインをリニューアル。

大きなハートを両手で抱えて、
にっこりと笑ったくまのプーさんの電報です。

筒に入れたメッセージとともに、専用バッグに入れてお届けします。

これは可愛いですねーぜひ利用したいです。
女の子は喜びますよね、ただの電報と違って
いつまでも心に残ります。

携帯電話からのお申し込みの場合は、
NTTドコモ、auからご利用いただけます。

kuma

進化を続けるモバイル向けUI


iPhone3Gの国内での販売実績については、
当初期待されたほどではないと言われます。

でも、話題性や斬新な商品コンセプトは、
新しいケータイの在り方や方向性を示しました。


音声入力方式
Googleは、iPhone向けのアプリとして、
音声でWeb検索ができる「Voice Search」機能を搭載した
「Google Mobile App」をリリースした。

iPhoneを耳に当てると、モーションセンサーでそれを感知し、
自動的に音声入力モードへと切り替わる。

対応言語は今のところ英語のみです。

多様なUIの手段を導入することによって、
情報処理の対象や範囲が飛躍的に拡大していて、
研究・開発とますますケータイも進化します。


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。