| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

auのマナーモード

auのマナーモード

電車の中で、大声を出して携帯電話で話している人や、
映画館で映画鑑賞に楽しんでいるときに、
着信音が劇場中に鳴り響いて、
とても迷惑に感じたことありませんか?

携帯電話を使うときは、
しっかりマナーを守らないといけません。

ちょっとした心づかいがあれば、使っている人も、
周囲の人も、快適にコミュニケーションができます。

カメラ付き携帯電話で撮影したり、
画像をメールで送信される際は、
プライバシーなどに配慮してください。

写真を撮られるのが、不快に感じる人もいるはずです。


病院内の一部や飛行機など使用を禁じられている所では
電源を切っておかないといけません。

街中では、通行の邪魔にならない場所で使用し、
新幹線の車内やホテルのロビーなどでは、
迷惑のかからない場所へ移動しましょう。

また、 映画館や劇場・美術館・図書館などの場所では、
電話をかけないようにし、
着信音で周囲に迷惑をかけないように、
なるべく電源も切っておきましょう。

留守番サービスを利用するのが望ましいですね。


通話中の声はあまり大きすぎないようにするといいですね。


現在auショップなどでは
「迷惑メール&ケータイマナーブック」を配布しています。

迷惑メール対策や携帯電話を使っていい場所・悪い場所など、
正しい使い方が掲載されています。

是非ご覧ください。

また、KDDIは 2006年にサンケイリビング新聞社が主催した
「au 親と子どものケータイ教室」に協賛し、
運営をサポートしました。


このケータイ教室は、
全国の小学生とその保護者の方々を対象に
「ケータイのルール&マナー」と
「防犯に役立つGPS操作体験」から構成されました。

「防犯に役立つGPS体験」では、
実際にau携帯電話に触れて、
保護者の方がお子様の居場所をメールやGPS機能で確認できる
「安心ナビ」を試すことができました。

また「ケータイのルール&マナー」では、
携帯電話のルールやマナーはもちろん、
携帯電話の安全な使い方や、
防犯の為の活用方法などが学習できました。


KDDIは子供と保護者の方々が安全に
携帯電話を利用できる環境づくりに、とても貢献していますね。



スポンサーサイト

auの緊急通報位置通知

auの緊急通報位置通知


緊急通報位置通知とは、
警察(110番)、
海上保安庁(118番)、
消防(119番)へ電話をかけたときに、
発信者がどこにいるのか、
その位置情報を自動的に通知するシステムです。

GPS機能を搭載した「緊急通報位置通知」対応端末では、
GPS測位による位置情報が受付機関に提供されるようになっています。

それ以外の端末では、基地局の場所や電波到達範囲などから
算出される位置情報が、提供されるようになっています。

au携帯電話は、「ジュニアケータイ A5525SA」、
「Sweets cute」、「A5523T」、そのほか、一部機種を除き
今後発表される端末ではGPSによる「緊急通報位置通知」に対応し、
現在稼働する全てのau端末では基地局ベースの位置通知に対応します。


これらの緊急電話には、
たとえば事件・事故など速やかな対応が
求められる場合もあります。

通報者の発信位置の特定はきわめて重要な情報なのです。


従来の緊急電話では、
通報者から住所などの情報の提供を口頭で受けていました。

電話番号などから市町村程度までは
家庭や会社の固定電話であれば、
特定できることが多かったです。

しかし近年では、
携帯電話のように通報者自身が
住所のわからない場所から通報していたり、
あるいはIP電話のように電話番号から
場所が推定できないこともあります。

通話と同時に現在位置のデータを通話先に通知するようにしたのが
緊急通報位置通知システムです、
どこから緊急通報をしているのか、すぐわかります。


緊急通報の際に発信者の位置を通知することが
日本では、総務省が関係法令の整備をすすめ、
2007年4月より義務化されることとなりました。

これに対応して、ドコモ、au、ソフトバンクモバイルの携帯電話で、
緊急通報(110番、118番、119番)に発信した場合、
通話が接続された緊急通報機関に対して、
「緊急通報位置通知」が導入されることになりました。

携帯電話で話しながら
女性が夜道を歩いいる方を見かけますが
防犯上もいいと思います。



auの防水ワンセグ

auの防水ワンセグ

携帯電話でテレビが楽しめるのが「ワンセグ」です。

いつでもテレビが見られる便利さで人気も高く、
対応した機種がどんどん増えてきました。


防水機能があると、こんな使い方ができます。

たとえば、お風呂でも使えます。

お風呂でテレビを見たいとき、
ポータブル防水テレビを運ぶほどの手間もありません。

また今では、携帯電話は暮らしになくてはならないものです。

お風呂に入っていて、
大事な電話がかかってくるかもしれないときなど、とても便利です。

防水機能つきなら、
バスルームにそのまま携帯電話を持ち込むことができます。

もちろん、電話がかかってきたら、
濡れた手のまま、出られますよ。

水をよく使うキッチンでも、
うっかり水がかかってしまったくらいで壊れることはなく安心です。

録画しておいた料理番組を見ながら、料理することもできますね。


それらの新機種の中でもauの「W53SA」(三洋電機)と
「W52CA」(カシオ計算機製)は、防水機能の付いた
ワンセグケータイであるのを知っていますか?


最近のワンセグ付き携帯電話は、
画面は大きくサイズはすっきりして、
デザインもいろいろ個性的な機種が出てきています。


それらauの防水機能つきのワンセグケータイで、
携帯電話の楽しさがもっと広がります。

防水機能は、携帯電話に水がかかっても内部に水が入らないため、
濡れても壊れずに使用できるというもの。

でも、「W53SA」と「W52CA」は、サイズも使い勝手も、
普通の携帯電話と変わりません。

どんどん多機能になる携帯電話ですが、
防水機能がプラスされると、利用シーンがもっと幅広くなります。

なにより、携帯電話を、水や汚れを気にせずに使えることは、
想像以上に便利です。

まさに、「いつでも、どこでも」を実現する大事な機能のひとつが、
「防水」だと言っても過言ではないと思います。





auのポイント

auのポイント

auで貯めたポイントは
どうやって使うか知っていますか?


auショップでは、
移動機価格から1ポイント=1円(税抜き)、
500ポイント単位で値引きいたします。

新たにauを契約されるご家族の移動機購入
、一時休止後、回線再利用時の新品移動機購入
機種変更時のや移動機購入、
などに使えます。

さらに、auプレミアメンバーズにと登録すれば
、EZwebでゲームや待ち受け画像など
デジタルコンテンツの購入もできてしまいましす。

また、オプション品(電池パック・共通ACアダプタ)購入や、
故障修理時の修理代金にもポイントが使えます。

パソコンからは
au online shopでのオプション品との交換することができます。


またauプレミアメンバーズ は、
au電話の毎月のご利用額に応じたポイントが付与されます。

一年で最大3600ポイント付与も可能です。

「ポイント移行」を利用すれば、
ショッピングや食事でためた複数のクレジットカードなどのポイントを、
auポイントに移行できてとても便利です。

クレジット会社にポイント移行を申し込めば、
毎月のau電話の利用額が「100円 (税抜)」ごとに
「2ポイント」を加算されます。

たくさん使うほどに、ポイントがアップされていきます。

また、一定期間を経過するごとにauポイントが加算されていきます。

長く使うほどにお得ですね。

また、今どれだけポイントがたまったか確認したいときは、
パソコン・電話・EZwebから、ポイントの照会が簡単にできます。


auのラッピングメール

auのラッピングメール


親しい友達や大切な人にに手紙を送るときには、
かわいい封筒を使ったり、特別な記念切手を貼ったり、
自分なりにアレンジしている人は多いでしょう。

これまでのケータイメールには、
封筒がないのでつまらないと思っていた方も
いらっしゃるかもしれません。

auの「ラッピングメール」は、
そんな方にもぴったりのサービスです。

ラッピングメールは、
受信画面や新着表示、
受信メールBOXを絵文字やアニメーションでラッピングし、
メールを開封する前に気持ちを伝えるサービスなのです。

たとえば、ビールの画像でラッピングしたメールを受け取ったら、
「飲み会に誘ってくれるのかな?」と楽しい気分になりますよね。

ほかにも、ケーキならパーティのお知らせ、

ゴルフクラブのイラストならゴルフのお誘いなど、

メールを開封する前からワクワクした気持ちになります。



たとえば、受信直後は、カラフルなハートでアピールします。

新着表示の「Eメール」の文字の左横にも、
ハートのマークがかわいくつきます。

受信メール一覧でも、ハートのマークがつくのですよ。

開けるのがとっても楽しみになりますね。



他にも多彩な画像がauの対応機種に
30種類もプリセットしてあります。


ラッピングメールの中身は、
デコレーションメールでも普通のメールでもOKです。

さらに専用サイトよりダウンロードも可能です。


「ラッピングメール」他社の携帯電話や
非対応のau携帯電話へも送信が可能なんです。

封筒や切手にこだわるように、
ラッピングメールで
今までとはちょっと違う楽しいメールで、
相手に感情まで、入れてみたら
アピール度がアップします。

auのウォークマンケータイ

auのウォークマンケータイ



日本で初登場したauのウォークマンケータイのW42Sは、
その名に恥じない音楽にとことんこだわったスペックが魅力でした。

GBの本体メモリを搭載し、最大630曲の楽曲を保存可能です。

もちろん音楽面でもさらに進化しました。

クリアオーディオテクノロジーの採用により、
上質な音質を楽しむことができ、
ソニー製の高音質なインナーイヤー型イヤホンが
パッケージとして付属しています。

クリアステレオと言うステレオ感を
高める機能も併せ持っています。

FMトランスミッター、を搭載し、
au Music Player、EZ助手席ナビの音声を
カーオーディオに飛ばすこともできる為、
活躍の幅は非常に広くなったのではないでしょうか。


新開発の音楽専用チップにより、
約30時間という長時間再生を実現できました。

ウォークマンケータイ単体で再生できる
楽曲データの種類が多いのはかなり便利でした。

しかしディスプレイが小さいこと、
FeliCaチップが搭載されていないこと、
カメラ機能が物足りないことなど、
音楽以外の部分での改善を求める声が多く、
それが基本機能を見直すきっかけになりました。


W52Sを開発するにあたり、
「長時間再生」「大容量メモリ」「高音質」という
音楽の3要素を柱にするとともに、
携帯電話としての基本機能を充実させることにも力を注ぎました。


W42Sのフィードバックを受け、
W52Sでは液晶は2.7インチのワイドQVGA、
カメラは2メガピクセルのAF付きへと進化しました。

FeliCaチップも搭載し、auの「Touch Message」などの
新サービスにも対応できます。

携帯の世界も日々進化しています。

auの絵しゃべりメール

絵しゃべりメール

「絵しゃべりメール」をご存知ですか?
写真やキャラクターイラストなどの静止画に音声を合成して動画を作り、
メールで送れるという機能なんです。

合成した音声の音を拾い、
「あ」と言っているときは「あ」の口、というように唇を動かせるほか、
まばたきをしたり、首をかしげたりという動作をするんです。

たとえば大仏がしゃべるムービーは、
大仏が実際に話しているようでコワイくらい自然な動画で驚きです。

静止画はサーバー上に用意された専用素材から選んで利用します。

メールのURLからアクセスすると、
ムービーを端末へダウンロードして、
再生できる仕組みになっています。

au端末で受信した場合は3GPP2ファイル、
ドコモやボーダフォンの端末で受信した場合は
3GPファイルとしてダウンロードするようになっています。

端末に保存したデータは、着ムービーとして使えます。

音声は用意された素材から選ぶほか、
あなたが話した声を録音することもできます。

作成できるムービーは最長15秒で、
150Kバイト程度の容量になります。

作成したムービーはサーバー上に保管され、
送りたい相手へはURL付きのメールが届きます。

ムービーのダウンロードや
メールによる送受信時は別途パケット代が必要です。

また、画像や音声素材は一部有料のものもあります。

絵しゃべりメールの受信は、
au、および他事業者の第3世代携帯電話で可能。

作ったムービーをauや他社携帯電話にも送れます。

ちなみに、情報料は月額105円です。

おとうさんも娘に「絵しゃべりメール」を送れば
株があがるかも?


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。