| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

auのウォークマンケータイ

auのウォークマンケータイ



日本で初登場したauのウォークマンケータイのW42Sは、
その名に恥じない音楽にとことんこだわったスペックが魅力でした。

GBの本体メモリを搭載し、最大630曲の楽曲を保存可能です。

もちろん音楽面でもさらに進化しました。

クリアオーディオテクノロジーの採用により、
上質な音質を楽しむことができ、
ソニー製の高音質なインナーイヤー型イヤホンが
パッケージとして付属しています。

クリアステレオと言うステレオ感を
高める機能も併せ持っています。

FMトランスミッター、を搭載し、
au Music Player、EZ助手席ナビの音声を
カーオーディオに飛ばすこともできる為、
活躍の幅は非常に広くなったのではないでしょうか。


新開発の音楽専用チップにより、
約30時間という長時間再生を実現できました。

ウォークマンケータイ単体で再生できる
楽曲データの種類が多いのはかなり便利でした。

しかしディスプレイが小さいこと、
FeliCaチップが搭載されていないこと、
カメラ機能が物足りないことなど、
音楽以外の部分での改善を求める声が多く、
それが基本機能を見直すきっかけになりました。


W52Sを開発するにあたり、
「長時間再生」「大容量メモリ」「高音質」という
音楽の3要素を柱にするとともに、
携帯電話としての基本機能を充実させることにも力を注ぎました。


W42Sのフィードバックを受け、
W52Sでは液晶は2.7インチのワイドQVGA、
カメラは2メガピクセルのAF付きへと進化しました。

FeliCaチップも搭載し、auの「Touch Message」などの
新サービスにも対応できます。

携帯の世界も日々進化しています。

スポンサーサイト

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。