| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

auのマナーモード

auのマナーモード

電車の中で、大声を出して携帯電話で話している人や、
映画館で映画鑑賞に楽しんでいるときに、
着信音が劇場中に鳴り響いて、
とても迷惑に感じたことありませんか?

携帯電話を使うときは、
しっかりマナーを守らないといけません。

ちょっとした心づかいがあれば、使っている人も、
周囲の人も、快適にコミュニケーションができます。

カメラ付き携帯電話で撮影したり、
画像をメールで送信される際は、
プライバシーなどに配慮してください。

写真を撮られるのが、不快に感じる人もいるはずです。


病院内の一部や飛行機など使用を禁じられている所では
電源を切っておかないといけません。

街中では、通行の邪魔にならない場所で使用し、
新幹線の車内やホテルのロビーなどでは、
迷惑のかからない場所へ移動しましょう。

また、 映画館や劇場・美術館・図書館などの場所では、
電話をかけないようにし、
着信音で周囲に迷惑をかけないように、
なるべく電源も切っておきましょう。

留守番サービスを利用するのが望ましいですね。


通話中の声はあまり大きすぎないようにするといいですね。


現在auショップなどでは
「迷惑メール&ケータイマナーブック」を配布しています。

迷惑メール対策や携帯電話を使っていい場所・悪い場所など、
正しい使い方が掲載されています。

是非ご覧ください。

また、KDDIは 2006年にサンケイリビング新聞社が主催した
「au 親と子どものケータイ教室」に協賛し、
運営をサポートしました。


このケータイ教室は、
全国の小学生とその保護者の方々を対象に
「ケータイのルール&マナー」と
「防犯に役立つGPS操作体験」から構成されました。

「防犯に役立つGPS体験」では、
実際にau携帯電話に触れて、
保護者の方がお子様の居場所をメールやGPS機能で確認できる
「安心ナビ」を試すことができました。

また「ケータイのルール&マナー」では、
携帯電話のルールやマナーはもちろん、
携帯電話の安全な使い方や、
防犯の為の活用方法などが学習できました。


KDDIは子供と保護者の方々が安全に
携帯電話を利用できる環境づくりに、とても貢献していますね。



スポンサーサイト

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。